へっぽこ主婦が行く

殿(主人)と同棲→今年主婦二年生でプレママなった私のへっぽこ日記 旅行大好き BALI大好き   料理大好き  日々のへっぽこぶりから旅行までmoreciさん大奮闘記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

THE AHIMUSA (ジ・アヒムサ) 朝食&まとめ 

2011年GWに渡バリ 一番最初に滞在した
スミニャックにあるTHE AHIMUSA  
今回の朝食っとざっくりしたまとめで最終回とします。


IMGP0257_convert_20110724235947.jpg

アヒムサの朝食は前日までにレセプションでリクエストをして
当日、食事開始の30分ほど前にはスタッフが準備に来てくれます。

まったりとした時間の中、てきぱきとしたスタッフが私達だけのために
朝食を準備してくれるなんて、世の中の女性は涙もんの優越感に浸れるのではないでしょうかw


IMGP0404_convert_20110725000129.jpg


私といえば、準備して頂いてる間は読書を楽しんでいるか
スタッフとコミュニケーションを楽しんでます(´∀`*)
スタッフとの会話は英語、日本語、イネ語をチャンプルーで
朝食のミーゴレンやナシゴレン、バナナパンケーキにいたるまで
細かく教えてもらったりとっても楽しい時間♪

その頃殿はまだ夢の中~  朝食の準備が出来たら起こして差し上げまつ←さすがにココからは私の仕事www


IMGP0263_convert_20110725000031.jpg

さてさて滞在中の朝食のご紹介をっ
殿が大好きなミーゴレン、麺もお野菜もたっぷりで食べごたえ十分!!
お味は少し甘めなにより出来たてあつあつなのが嬉しい♪
一つ残念なのは目玉焼きじゃなくって薄焼き卵ってとこかな
目玉焼きのぷるっとした黄身を潰す幸せを味わえないのは残念  orz


IMGP0408_convert_20110725000149.jpg

ナシゴレンはパラッパラで文句なしに美味しかった!!
目玉焼きも絶妙で黄身を潰した瞬間のトロ~具合がもうっヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
こちらももちろんあつあつです

IMGP0410_convert_20110914222318.jpg

気に入ったのでもう一回・・
あぁ・・ナシゴレン食べたくなってきたのぉ


IMGP0411_convert_20110725000209.jpg

そして、バナナパンケーキ。
こちらは初挑戦ながら想像通りの味でした美味しいんだけどわざわざ食べることないかなぁ・・

IMGP0413_convert_20110725000306.jpg

ボリューム満点メインのほかには、フレッシュジュースとコーヒーORティー
デザートにカットフルーツがセットされます。
あと、私は朝食時に大好きなマゴスチンを食べます
スーパーや市場などで大好きなフルーツを買って冷やしておいて
朝食に食べる! これも贅沢の一つです。

ただ全部食べちゃうと、ランチが食べられなくなっちゃうかも・・
それくらいボリューミーな朝食でした。

あっ!我が家は基本的にインドネシアン中心でチョイスしますが
アメリカンもありましたよ~


4page_20110914222612.jpg

さてさて、今回で最終回のAHIMUSAですが、全体的に非常にバランスのとれたヴィラでした。
経験値の高いスタッフはつかず離れずの距離を保ちつつ接客してくれますし、どのスタッフも笑顔が素敵
ヴィラ内部は多少古さはあるものの小物やファブリックなどは綺麗に保たれていて
古臭さは感じさせません。
また泊まりたいかと聞かれれば、絶対泊まる!とは言い切れませんが
また泊まってもいいなぁくらいの満足度はありました。

なにせ立地の良いスミニャックにはヴィラやホテルの建設ラッシュですものw
もちろんスミニャック以外の地域もどんどん建設されてるし・・
まだまだ一つに絞るにはもったいないBaliのホテル事情に目が離せませんね☆
スポンサーサイト
thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

THE AHIMUSA (ジ・アヒムサ) プール、バスルーム編 

前回 紹介したTHE AHIMUSA レセプション&Villaリビング、ダイニング編
今回はプール、バスルームをチラっとご紹介。 

さすがは2ベッドルーム!!!
ひっろ~いリビング
でっか~いプール
最高の魅力ですた(´∀`*)

IMGP0626_convert_20110724231450.jpg

リビングからプールまでに小さなお庭があって手入れされた芝生が気持ち良い!!
小さくってもこういったスペースがあることで安らげまつ。

IMGP0687_convert_20110725000543.jpg

少し変形しているプールは広々仕様、ガシガシ泳ぐことも可
深さ2Mほどでチビな私は足先すらつきませんでしたが(;^ω^)
ヴィラにあったピンクのチェアー型浮き輪(?)でのんびりプカプカしたりと
楽しめましたヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ

IMGP0620_convert_20110805143207.jpg

プールサイドでまったり読書を楽しんだり
殿はタバコを燻らす時間が最高らしく朝食後ゆったり楽しんでました。
日常ではありあえないゆったりまったりとした時間が
バリの旅では最高の贅沢

IMGP0571_convert_20110724232825.jpg

さてさてベッドルームのご紹介。
オープンからしばらく経ってるせいもあって天蓋のレースなどの汚れはありますが
引くほどの汚れや匂いなどに悩まされることはありませんでしたよ~
ベッドルーム全体が茶系のインテリアにまとめられてるので
古さが目立たないのも好印象です。
(レースについてふれましたが画像の色はけして汚れた色ではありませんよ(笑)もとの色がクリーム色だと
思いまつ)


IMGP0570_convert_20110725000320.jpg

ベッドルームの目の前はガラス越しで日当たりは大変良好でつ。
プールからバスルームへ続く小道でリビングとベッドルームを水浸しにすることなく
移動でき便利。

ベッドルームにはデスクと小さいテレビとクローゼットがある程度。
スペースが限られてるのでスーツケースは角度によって
全開でなんとかまとめることが出来ました

基本は荷物をまとめるか寝るだけのお部屋なので多少狭くっても不便は無いけれど
もう少しゆったりしたお部屋のほうがまったりできるのかなぁ・・

IMGP0572_convert_20110725000352.jpg

続きましてはバスルーム
縦長のバスルームにはトイレ、ダブルシンクの洗面所、バスタブと続いていて
シャワールームが独立してありまてん(!)ここはマイナスポイント
セパレートに慣れてる日本人には不向きなバスルームですた。


IMGP0573_convert_20110725000415.jpg

アメニティはオリジナルケースに入ってて初日のみ使用しましたが
使用感はいまいち、スーパーなどでお気に入りを使用するか
日本から使い慣れたコスメを使ったようがよさげ。

さてさてここまでご紹介したアヒムサも次回で最終回
朝食編とまとめをご紹介しま~す。

thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

THE AHIMUSA (ジ・アヒムサ) レセプション&Villaリビング、ダイニング編 

2011年 GWの渡バリで最初に滞在した THE AHIMUSA
場所はプラナスパやバリデリなどのなるJl.クンティ沿いにあり
お買い物や、レストランなど徒歩圏内とアクセス良好。

アヒムサグループの一つでスミニャック以外にも
ジンバランにある『アヒムサ・ビーチ』
スミニャックでもクロボカン寄りでJl。オベロイやビーチにも近い『アヒムサ・エステート』
を展開しているようです。

IMGP0294_convert_20110724231047.jpg

通り沿いには警備室とレセプションのみで敷地の奥へ進むようにVillaが点在してます。
レセプションでチェックINの手続きとともにサービスの説明をうけて、明日、予約してあるマッサージ店のリコンファームを
お願いするとその場で快く応じてくれました (人-ω-)テレマカシ
言葉は日本語はまったく通じず英語とイネ語オンリー。
しかし、どのスタッフも愛嬌良く、不慣れな英語でも理解しようと一生懸命接してくれるので
ストレスは感じませんでした。



そしてぬぁんとっ  チェックIN当日に、お部屋のカテゴリーが
2ベットルームへアップグレード
びっくり&ラッキーワチョ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪

実際、ベッドルームは1部屋のみの使用でもう一部屋には鍵がかかってましたがプールやリビングは広々と
利用できたのです。    嬉しすぎるヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
オープンからしばらく経過してるVillaなので渡航前までは設備などに多少不安もありましたが
目立つ程の劣化もなく快適に過ごすことができました。

IMGP0296_convert_20110724231252.jpg

お部屋までの道のりは竹林のような道を通って向かうのですが、私達が滞在したお部屋はレセプションから
一番近いお部屋だったので歩くことはありませんでした。

お部屋はNO2、 レセプションのお隣にあって通りから近い便利だったけれど、通りから近いせいもあって
バイクの騒音や話し声などなど少々騒がしかったかな、奥まったお部屋なら静けさもあるかもですが。

IMGP0276_convert_20110725000045.jpg

バリらしい細身の扉を開くとオープンエアなリビング&ダイニングに続く小道があり
テンションがあがります。

IMGP0242_convert_20110724235906.jpg

チェックIN時の夕方のリビング。    
間接照明を上手く利用してロマンティックな雰囲気でした。
虫除けは必須で夕方になるとスタッフが蚊取り線香やベープマットなどを用意してくれるので
とても噛まれやすい私でも虫の被害はありませんでした。 

IMGP0252_convert_20110724235921.jpg

ダイニングとキッチンの横にあった謎のお部屋。
本来はランドリールームなのかな?  椅子が一脚とオーディオがぽつんと置いてあるだけで
使い方が分からず 靴置きと、手ぬぐいや水着などの干し場に利用。

IMGP0212_convert_20110724235852.jpg

ダイニングにある巨大な石造も無駄なように見えて良いアクセントになりまつね
寂しそうなので、一人読書などしてる時によく話しかけたものでつ(´ー`)フッ

IMGP0209_convert_20110724235834.jpg

ウェルカムドリンクにサービスのフルーツバスケット 
自分で買ったマンゴスチンを大量に食すので結局手をつけずじまいでした(;´・ω・)

IMGP0686_convert_20110725000516.jpg

ダイニングとリビングの間にベットルームへと続く扉があり鍵がかかる唯一のお部屋
ベッドルームの一つは鍵がかかっており仕様できないようになってました。
(・ε・)キニシナイ!!

なぜかキッチンの画像が少なくUPできませんが、グラスや食器などが置いてあり
自由に利用できて便利。   朝食もスタッフがキッチンで作ってくれてあつあつを食べることができました
冷蔵庫も大きめなので飲み物やフルーツなどの買い置きも可能!  
お水はウォータータンクがあって飲み放題、お出かけ前にペットに移して
持って来ましがなにか( ´,_ゝ`)プッ


次回はプールとベッドルームなどなど紹介します。
thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。