へっぽこ主婦が行く

殿(主人)と同棲→今年主婦二年生でプレママなった私のへっぽこ日記 旅行大好き BALI大好き   料理大好き  日々のへっぽこぶりから旅行までmoreciさん大奮闘記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

Pura Tirta Empul(ティルタ エンプル寺院) 

5/24より南国へ里帰りをしてます ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
ブログは書き溜めた記事を予約投稿機能でUPしております。
頂いたコメントはありがたく拝見してますが実家ではネットの環境がないので
コメントのお返事は6月半ばくらいになります。
是非お待ちしてます(`・ω・´)b



バリクツアーズの快適カーチャーターで行ったPura Pusering Jagat(プセリンジャガッ寺院)に続き
連れてってもらったお寺  Pura Tirta Empul(ティルタ エンプル寺院)

IMGP1225_convert_20110519165552.jpg

実は一番最初の渡バリから拝観したかったお寺で
今回ついに念願叶ったのれす!!! ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪

バリ島中部 タンパシリンにある聖なる泉の湧く寺有名なお寺で
大きな沐浴場も有名。
バリの数あるお寺の中でティルタエンプルが気になる理由は
私の育った環境がそうさせるんだろう。

IMGP1235_convert_20110519165819.jpg
 
実家の近くには昔は綺麗な湧き水がこんこんと湧き出ていて
飲み水もその湧き水だったし、夏になればお昼ご飯をお弁当箱に詰めて
友達と川遊びに夢中だった。
お正月になれは早起きして父と初水を汲みお供えする風習があった。

現在も実家の近くで湧き水は湧いてるけれど近くのゴルフ場の農薬が混じってしまって
飲み水としては使えなくなってとても残念なのだけど・・

IMGP1252_convert_20110519181451.jpg


そんなわけで念願叶ったティルタエンプル寺院は
バリ・サカ暦 Tilem Sasih Jiyestha 第11月暗月で参拝者が多く
祈りを捧げる人々を見ることができた。

IMGP1248_convert_20110519170049.jpg

祈る姿が綺麗だと思えることもバリの魅力の一つだと
私は思う。

IMGP1258_convert_20110519182250.jpg

お婆様もお嬢ちゃまも
クバヤがお似合いでつ
私も欲しくなってきたなー 痩せたら買うか・・・

IMGP1230_convert_20110517102335_20110519171325.jpg

こんこんと湧き出る泉に心と頭の洗濯をして
なんだか気持ちもすっきり!

IMGP1273_convert_20110517102851_20110519171407.jpg


鯉が大量に泳ぐ池でケンちゃんが餌をかってくれたので
思いっきり撒き散らしてみた(o'д')ノ ⌒ ○゜●゜○゜●

IMGP1278_convert_20110519171712.jpg

ケンちゃんから餌を奪って貰ってチマチマあげてみたお(^ω^)


                 IMGP1243_convert_20110519165920.jpg

ずっと訪れたかった パワー溢れる湧き水の湧く寺
今度はのんびり訪れたいものでつ。
スポンサーサイト
thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

Pura Pusering Jagat(プセリンジャガッ寺院) 

バリクツアーズの快適カーチャーターで立ち寄った
Pura Pusering Jagat(プセリンジャガッ寺院)



HISバリフリークから引用するよっ!!!!  (・∀・)ネットって便利だネ☆

ウブドの東にあるゴア・ガジャ(遺跡)から北上したところにあるペジェン村は、アルチャ(石像遺跡)の発掘が多い土地として知られていて、ここのお寺の多くはアルチャを祀っている。このプセリン・ジャガッ寺院もそのひとつだ。芝生に覆われた広い境内には、様々な形のアルチャを祀った祠があり、まるで博物館のようで大変興味深い。
プセリン・ジャガッ寺院はペジェン村で最も古い寺。「プセリン」とは「中心」、「ジャガッ」は「世界」で、「世界の中心」という意味を持つ。1251年に、放置されたたくさんの石像遺跡が発見され、村人たちによって小さなお寺が建立された。石像遺跡の多くは、ヒンドゥー教の三大神のひとつであるシヴァ神の様相を形どったものが多く、また、男女のシンボルを表現したものも出土された。シヴァ神は破壊の神としてよく知られているが、同時に新しい命を育む創造の神でもある。村の人々はこの寺を創造、作物豊穣、子孫繁栄を与えてくれるお寺として特に重要視していて、満月の日や、ヒンドゥー教のハリ・ラヤ(祭典の日)には多くの参拝者でにぎわっている。




広大なネットの世界へダイブ中、偶然運命的に出会ったこのお寺
気になってしょうがなかったので行って来ますた。
お願い事はただ一つ!!!
殿&moreci 「(・∀・)人(・∀・)子宝祈願するのら」


IMGP1163_convert_20110519013331.jpgIMGP1165_convert_20110519013429.jpg

青空が見えてきてるのに、まだ雨がやまないので
ケンちゃん号に積んである傘をさして案内してもらった。


IMGP1187_convert_20110519013739.jpgIMGP1185_convert_20110519125526.jpg

雨が止むまでの間 撮影をして待つ・・・
バレを囲むようにいくつかの祠があって石像の遺跡を奉ってあって
どれも神秘的で興味深い。
時間が許すかぎり ぼーっと眺めていたい気分。

IMGP1169_convert_20110519013609.jpgIMGP1168_convert_20110517102255_20110519014707.jpg

ケンちゃんがお祈りの準備を始めてくれたので
せめて雨に濡れないように。
そうそう、ケンちゃんが当日準備してたチャナン
実はサプライズで準備してくれてたもので
まさか本格的にお祈りできると知らなかった殿と私は
涙ちょちょぎれるほど感動したものでつ
いぁ ほんとに・・・
人の気持ちを汲める人って素敵。


                IMGP1196_convert_20110519013649.jpg


お祈りの仕方を丁寧に教えてもらって
ケンちゃんにサポートしてもらいながら祈りを捧げます。


             IMGP1177_convert_20110519013526_20110519014707.jpg

お祈りが終わる頃
不思議と雨もやんだ

             IMGP1202_convert_20110519140152.jpg


けんちゃんが語る宗教やバリの文化を興味深く聞いてると
このお寺を管理するお坊さんが挨拶に来てくれた。
流暢な英語で歓迎してくださって
本当に嬉しかった。
「この祠を撮りなさい」
と指差した祠を撮ってたら


IMGP1204_convert_20110519134250.jpgIMGP1205_convert_20110519134320.jpg


「ミツバチが巣がでっかく育っておる(´∀`*)」
と教えてくれた。
本当に優しくて、ゆったりとした雰囲気のお坊さんにお礼を言って
お寺を後にした。

            IMGP1210_convert_20110519134401.jpg


このお寺でこんなにも本格的にお祈りができたのはケンちゃんのおかげで
予約の段階で私の気持ちを汲んでくれた さとみさん のおかげ。

本当にありがたく、貴重な体験でした。

                    IMGP1213_convert_20110519141239.jpg

そうそう!!お寺の敷地には
闘鶏場があって ちょっと興奮しちゃったよ(´ー+`)キラッ
thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

バリクツアーズdeカーチャーター  

一週間連続で日程表をUPして一段落ついたので
一番最初にレポしたかった出来事からUPしまつ。

それは今回唯一、日本でカーチャーターの予約を入れた
バリクツアーズのケンちゃんとの一日。

page_20110517110601.jpg


バリクツアーズを選んだ理由はバリクツアーズブログの管理人であるさとみさんから
こんなへっぽこブログにコメントを残してくれたのだ。(なんて優しいお方。・゚・(*ノД`*)・゚・。)
 そしてタイミングよく今回の渡バリで、1日くらいはカーチャーターを依頼したかった私は
さっそくさとみさんへ問い合わせてわざわざケンちゃん指名し大好きなBaliで素敵な一日が実現(´ー+`)キラッ

3page_20110517110602.jpg


最初の予約依頼のメールから数回ほどやり取りをさせてもらったけれど
カーチャーターの予約から内容の確認、どんな小さな質問でも
詳しく答えて下さる
し、ブログの内容と同様に人柄の良さが伝わってきて
不安な気持ちを全て拭ってくれた。(これって結構凄い事だと心配性の私は思う)
そして渡航前からケンちゃんにお会い出来る事をとても楽しみですた。

そしてカーチャーター当日
私ら夫婦は早めに部屋から出て待ち合わせの時間まで
ホテルのエントランスやら、ロビーの撮影をして
ケンちゃんを待ってようと40分も前にエントランスにいた。
すると なにやらピッカピカに磨かれた黒塗りAvanzaがっ!
これはもしやケンちゃん号? はやる期待を胸に黒塗りAvanzaに近づいてみると
ブログで見慣れたケンちゃんが運転席で寝てるじゃないか!!!!
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
変な日本人私ら夫婦に気づかないケンちゃん。
約束の時間まで起こさないようにしばらく放置そっとする事に・・・
だけど感の良いケンちゃんはすぐに車から降りてきて 丁寧に挨拶をしてきてくれたのれす。

親切にピッカピカに磨かれた車へ案内され
カーチャーターの内容を確認。 
さとみさんから送られてきた私達の希望リストを素に
出来るだけ私達の意向に沿うようにプランを組み立ててくれ
いたれり つくせり 

道中はとっても快適な運転で
途中記憶が無い時もw(´-ω-`)コックリコックリ
私が起きてる時は
ケンちゃんの日本でのおもひで話から
お仕事への熱い思いを語ってくれたり。

とにかく盛り沢山の内容で一回では
書き切れないほどヽ( ´ー`)ノ フッ

2page_20110517110601.jpg


記憶が薄れる前に、記事を書いていかなくっちゃ♪
thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

エレファントライド  

2010年の新婚旅行 私の最大の目的は
象に乗りたい!!!!!!

なので旅行プランを相談する時も
象に乗りたいんです!
象大好きなんです!
ずーーーっと愛でたいんですううううううううううう
と わめいた甲斐あって(?)念願のエレファントライドしてきまいした
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

アユンリバー社 (HPは英字のみでつ)予約は日本のエージェントに任せ。

当日はホテルまでお迎えに来てくれるので
レセプションでだらだら待つも
来ない・・・(*´-ω・)ン?
予定の時間を45分過ぎた頃に憔悴しきったドライバー(ローラ)到着

なんでも夜中に産気付いた奥さんをテンパサールまで送って遅くなったんだそう

理由を一生懸命話す姿から当初のイライラも消え
車内は和やかな雰囲気でキャンプのあるチャランサリ村までドライブ~

725_convert_20101202121010_20110212022611.jpg

道中はのどかな風景を楽しんだり

728_convert_20110212022755.jpg

ドライバー(ローラ)の長女に偶然出会ったり
庭掃除する健気な姿が可愛すぎ

732_convert_20110212015705.jpg

30分ほどのドライブでキャンプへ到着 レセプションでウェルカムドリンクを頂きながら
予約の確認や保険の書類にサインしいよいよ60分のエレファントライドへGO 

739_convert_20110212021233.jpg

象しゃんの背中に乗る際はステージ状の高い所から
ベンチシートへ乗り込み 安全バーをしてもらう他人の光景をみても
((o(´∀`)o))ワクワク

751_convert_20110212152406.jpg

私達が乗り込んだ象しゃんは色気より食い気の多いランディちゃん(スマトラ出身の娘)
土足は失礼にあたると思い(ぜんぜん土足でOKなんだけれど)
野生に帰る気分で裸足になってみた硬そうな象の背中は
柔らかくって 暖かい (´ー+`)キラッ毛も柔らかくって 意外な事だらけ!

758_convert_20110212021340.jpg

乗り心地はわりと安定したシート
のっしのっしと歩くたびに振動が伝わってくるし普段より数段高い位置からの眺めで
゚*。最 (*゚д゚*) 高。*゚
森の中のお散歩は足場の悪い道あり旧な坂道ありとスリルも満点
お天気も良くって気持良い~
注:日焼け対策は必須でつ、私は日焼け止めしか塗っておらずパーカーなどは置いてきた為
こんがり焼けてしまいますた(;^ω^)

760_convert_20110212021127.jpg

森の中にはコーヒーの樹やカカオの樹なんかもあったりね
ランディは道の脇の草木を食べつつのっしのっしとお散歩してくれる

789a_convert_20110212020801.jpg

途中の休憩所では生ぬるいココナッツジュースを振舞ってくれたり
トレーナーが記念写真をバシバシとってくれたりとサービス満点

779_convert_20110212152448.jpg

希望すればトレーナーの特別席に座らせてくれます。
゚+。゚★感・・(ノ)゚∀゚(ヾ)・・激★゚。+゚
象はですね~ とても大人しい動物なんですね~~~(ムツゴロウ風味)

807_convert_20110212022335.jpg

スリル満点、マイナスイオン満点の森を抜けた後は
民家が集まる村道を闊歩
↑は村の寺。

802_convert_20110212021555.jpg

お昼時のひと時を楽しむ村人を見下ろしてみたり

852_convert_20110212021920.jpg

キャンプへ戻ったら乗っけてもらった
ランディちゃんへお礼のフルーツプレゼント

page2.jpg

レセプションに戻り セットで付いてくるランチを
喰らいます。

私はチキンバスケット
殿はミーゴレン

page3.jpg

デザートもたっぷし
カットフルーツにダダール♪
シャリシャリのココナッツ(゚д゚)ウマ-
コーヒーはセットについてなかったような。。。

862_convert_20110212165923.jpg


もともとバリ島には象はいなくて 観光用にスマトラ出身の象さんが
出稼ぎにいらっしゃってるそうな


ともあれ日本ではなかなか体験できない
エレファントライドはとっても良い経験でした



thread: バリ島 | janre: 海外情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。